球団概要

練習について

練習イメージ

練習は、基本、水曜・土曜・日曜・祝日に行います。(水曜日は授 業終了後)。練習場所については新堤防グランドをメインに使用しています。

練習場所について

メインの新堤防グランドは左記(スマートフォンは下記)のマップの場所になります。メイングランドが使用できない場合は隣のサブグランドにて練習し ます。その他に、立川市営球場(年10回ほど)や、都立砂川高校グランド(年5回ほど)の使用を予定しています。

成長途中の硬式野球について

肩・肘などの故障は、ボールの硬さや重さはあまり関係がありません。準備運動や基礎トレーニングをしっかり行う ことが大切です。立川ポニーでは「足腰・体力から」をモットーに多摩川河川敷を利用した走りこみ練習を沢山行っ ています。成長痛(膝・足首・腰等)の場合は、医師の指導の基、見学やできる範囲の練習メニューを行います。

野球のルールについて

基本的には「公認野球規則」に基づいています。 ただし、選手の体をいたわる為、また、みんなが試合に出られるよう「ポニーリーグ独自の規則」があります。

  • ピッチャーの投球回数に制限があります。
  • リエントリー制度があります。(一度交代してベンチに戻っても、もう一度だけ試合に戻れます。)
  • 平成22年の春季大会よりフルサイズ投球距離:18.44m塁間:27.43mへ変更となりました。
    ※但し春季の1年生大会・全日本選手権大会ポニー杯・会長杯においてはポニーリーグサイズで行います。( 投距離:17.41m,塁間:25.84mフルサイズの距離より約1m短くなっています。)