球団概要

立川ポニーベースボールクラブとは

集合写真

立川ポニーベースボールクラブは中学生の硬式野球チームです。練習は主に水曜・土曜・ 日曜・祝日に行ってます。(水曜日は授業終了後) 練習場所は、新堤防グラウンド・立川市営球場他になります。

球団理念

立川ポニーは以下の目的を元に、活動を行っております。

  1. 本クラブは、中学生を対象とした硬式野球チームです。
  2. 本クラブは、野球を通じて礼儀を重んじ、健全な精神と体力向上を図ります。
  3. 本クラブは、野球の基本を習得させ、スポーツマンシップを育成します。
  4. 本クラブは、高校野球においても通用する選手を育成します。

ポニーリーグについて

ポニーリーグロゴ

1950(昭和25)年米国ペンシルバニア州ワシントンで初めてポニーリーグが結成されました。 ポニーリーグは、13歳及び14歳の少年(中学生)によって構成される野球リーグです。ポニーとは英語で仔馬を意 味し、中学生の若々しい元気な姿を連想して名付けられたといわれます。 1951年はペンシルバニア州だけで行われましたが、翌1952年全米に広がり、全米選手権大会が開催されました。

その後、ポニーリーグを母体として組織は拡大され1959年末にコルトリーグ(15~16歳)が、次いでブロンコリー グ(11~12歳)が1961年に追加され、翌年法人組織になり「米国ボーイズ・ベースボール協会」と名付けられま した。その後にピントリーグ(7~8歳)、ムスタングリーグ(9~10歳)、サラブレッドリーグ(17~21歳)が次々 に生まれ、現在は6階級に分かれています。

日本では昭和50(1975)年に誕生し、現在は沖縄連盟・関東連盟・北海道連盟があり、ブロンコリーグとポニーリー グを中心に約50チームが活動しています。

ポニー(中学生)、ブロンコ(小学高学年)リーグとも、協会指定の硬球を使用して公認野球規則を基にして行われます。 各々の成長に応じて、塁間、投手-本塁間、ホームラン距離等年齢に合わせた距離が定められています。